税理士試験を受けることが惰性になった

税理士になるための勉強記録

大原での初回講義の感想

まだ途中なのですが、大原で初めて講座を視聴しました。

 

感想としては、TACとあまり大差はないかな。

 

もちろん先生は違いますし、テキスト類も違います。

 

ただ、細かいところはこれから気になるのかもしれないですね。

 

大まかに言うと以下がTACとの違いですかね。

 

  • テキストを自分好みに合わせてばらせる
  • 授業中にパワーポイントを使っている
  • わりと引きの画面で全体を映している

 

あと、テキストの範囲は広いけれど授業中にふれるのはその中で注意しておくべき点のみで、結構ゆったりしている。

 

内容も既に知っていることの確認作業、記憶の思い出しになるのかなといった印象です。

 

なので、自分の苦手分野以外は倍速でもいいかもしれないです。

 

気になったところは自分でどんどん復習、あとは理論の暗記に時間を割いていきます。

 

4月ごろまではTACと違って演習の回数も少ないので、この時期に基礎はもちろん、理論の暗記をどこまで精度高くできるかが重要だと思います。